top of page

New Space IntelligenceとLabsphereがAnalysis Ready Data製品の開発に向け、パートナーシップを締結


山口県宇部市に拠点を置く株式会社New Space Intelligenceと、米国ニューハンプシャー州に拠点を置くLabsphere Inc.は、衛星画像を即座に解析・分析に使用できる前処理済みのデータ (ARD) を構築するためのプラットフォーム開発で協力する覚書 (MoU)を締結しました。

「データは新しい石油である」というフレーズがあります。データが持つ社会的価値を資源としての石油に例えた言葉です。地球観測データも同様で、現在、データ領域全体の中で非常に重要な役割を担っています。一方で、石油を使用するには精製と処理が不可欠であるように、衛星データも利用するには校正や標準化といった前処理が必要になります。このニーズに対処するために、Analytics Ready Data (ARD)の概念が登場しました。


ARDは、衛星データを校正等の前処理を行うことで、ユーザーが迅速かつ簡単に利用できるように加工されたデータの事を指します。ARDの概念は、NASA(アメリカ航空宇宙局)、ESA(欧州宇宙機関)、その他多くの関連機関から強い注目を集めており、このARDデータにより、衛星データ利用の促進が期待されています。



New Space Intelligence (NSI)代表取締役長井裕美子社長は次のように述べています。「NSIは地理空間技術の分野、特に衛星データの分析と関連する地理空間データの最適な利用を専門としています。NSIは「衛星データパイプライン」の社会実装に積極的に取り組み、さまざまな産業・分野における衛星データの実用化の支援に努めています。この「衛星データパイプライン」は、ユーザーの目的、予算、頻度に応じて適切な複数の衛星データを選択し、独自の統合技術によりこれらの画像をハーモナイゼーション(調和)することができます。これらの調和された複数の衛星データを適切な方法で分析し、スムーズかつ効率的に顧客に価値ある情報を提供します。この衛星データパイプラインの「ハーモナイゼーション」では、Labsphereの機器が使用されます。NSIの目的は、より効率的な衛星データ統合技術を開発することです。この統合技術によりARDの作成が可能となります。この開発におけるLabsphereの協力を大変期待しています。」


LabsphereのセールスディレクターChris Durell 氏は次のように述べています。「Labsphere は、FLARE(Field Line-of-sight Automated Radiance Exposure)と呼ばれる革新的な自動キャリブレーションテクノロジーを市場に提供しています。FLAREシステムをグローバルネットワークとして提供し、地球観測衛星がFLAREシステムをとしての地上ターゲットを観測することで衛星のセンサーの評価を行うことができます。FLAREは、非常に強力なデータ検証および画像改良ツールであり、一般的な衛星画像をNASAおよびESAの品質レベルまで引き上げるための衛星データプロバイダーのコストを削減します。複数の衛星センサーと衛星コンステレーションの調和がなければ、より適切な意思決定を行うために精度の高い衛星データを適用することはできません。このキャリブレーション手法により、センサー出力を調整して、衛星コンステレーション全体で一貫した衛星データの提供が実現できます。このデータ品質は、衛星データサービス市場で将来のビジネスを獲得するための強力な市場差別化要因となるでしょう。」

このFLAREネットワークは、民間衛星データプロバイダーがアクセスでき、NSIはすでに FLARE を介して民間の衛星データの品質を改善することを実証しています。 Labsphereは NSIと協力して、この参照方法を日本で確立する予定です。



About New Space Intelligence (https://www.newspaceint.com/


株式会社New Space Intelligence(NSI)は、タイのAsian Institute of Technology(AIT/アジア工科大学院)と日本の山口大学のメンバーによって設立されたスタートアップです。 NSIは、Geo-enabled社会(すべての産業を衛星データによりアップデートしていく社会)の実現に重点を置き、リモートセンシング、画像処理、人工知能における専門知識と高度な技術を誇っています。NSIは、多様な衛星データを統合して包括的なプラットフォームを形成する機能を備えた「衛星データパイプライン」を開発し、顧客のニーズに対応する最適な情報を提供します。









About Labsphere (https://www.labsphere.com/


Labsphere Inc.は、光測定技術をリードし続けている世界的光学測定機器メーカーです。1979年に設立されたLabsphereは、宇宙開発、リモートセンシング、レーザーや照明、医療機器や自動車技術など、広範囲にわたって最先端の光技術による革新的なソリューションの開発と提供を続けています。Labsphereの光測定システムは、工業測定標準に一致するよう設計されています。また、多様で経験豊富なLabsphereの研究チームは、創造性と経験を積み重ね、様々な課題をエンジニアリングの力で解決します。









本件に関するお問い合わせ


New Space Intelligenceへのお問い合わせ:info@newspaceint.com

Labsphere へのお問い合わせ(英語:cdurell@labsphere.com


最新記事

すべて表示

3月15日(金) 19:30~Yスぺ(NHK山口放送)内でスタートアップの取り組みが放送されます

NHKの番組でNSIが取材を受けました。 3月15日金曜日の19時半より、Yスペ(NHK山口放送)にてスタートアップの先進的な取り組みを特集する番組が放送されます。 この中で、当社NSIも短い時間ではありますが、放送される予定です。 (山口放送がご視聴いただけない方は、NHKアプリで「Yスペ」とご検索ください) この機会に私たちの取り組みをご覧いただければ幸いです。 皆様の支援と関心が、私たちのさ

MRI DEMO DAY 2024に長井CEOが登壇します。

2024年3月7日(木)14:00~17:30に大手町三井ホールにて行われるMRI DEMO DAY 2024の中のプログラムに弊社の長井CEOが登壇致します。 14:35から行われる「MRI Activities MRIのスタートアップ連携・共創活動紹介」にて 【災害状況の早期把握】(株)New Space Intelligenceとの共創事例として紹介されます。 https://eiicon.

弊社CEOが第18回衛星データ解析技術研究会「衛星データ利用動向と地域活性化の可能性」に登壇します

令和6年2月28日地方独立行政法人山口県産業技術センターで開催される第18回衛星データ解析技術研究会「衛星データ利用動向と地域活性化の可能性」にて、弊社CEOの長井が登壇します。 (以下山口県HPより抜粋) 本県では、政府関係機関の地方移転による国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の拠点設置を契機として、山口県産業技術センターに「衛星データ解析技術研究会」を設置し、衛星データ活用による

Comments


bottom of page