top of page

地球の課題は
​宇宙から解決する

「衛星データパイプライン」で
誰もが衛星データを活用できる
​未来を創る

Satellite Data Pipeline Services
bg-home-service.png
bg-home-service.png

OUR SERVICES

「衛星データ」が何を解決してくれるのか、どうやったら使えるのか、
いくらかかるのかお困りではありませんか?

衛星データのプロフェッショナルが、あなたの目的、予算、利用頻度、範囲に合わせて衛星データの選択・統合・解析・提供を行います。

NSIの「衛星データパイプライン」はこれらの一連のプロセスを最適化・自動化することで、「誰もが衛星データを活用できる未来」をつくります。

Change Detection Service by Image
Change Detection Service by SAR
Solution Service by Satellite Data

How It Works

最適な衛星の選択
 

あなたのビジネスや課題に対してどの衛星を用いるかということは非常に大切ですが、正しい選択には経験豊富な知識と技術が必要です。NSIでは「衛星データパイプライン」の独自アルゴリズムを用いて多種多様な衛星データの中から、あなたの目的、予算、頻度に合った最適な衛星の組み合わせを選択します。

衛星の有効性
 

地球観測衛星は解像度、センサー、撮影頻度などの性能がそれぞれ異なります。例えば天候にかかわらず解析を行いたければ、光学衛星ではなく、夜間でも悪天候でも撮影が可能なSAR衛星を用いるなど、あなたのニーズに応じて最も有効な衛星データを使用します。

解釈性
 

狭域から広域に渡る光学画像やSAR画像などの複雑なデジタルデータを、私たちが解釈できる形に「翻訳」するためには技術と科学に精通した専門家が必要です。また、膨大なデータすべてを計算するには大きな負荷がかかります。
「衛星データパイプライン」はすべてのデータを整理し、必要な情報のみをもっとも解釈しやすい形で提供します。

柔軟なコストプラン
 

衛星データは解像度の高低、光学かレーダーか、狭域観測か広域観測なのかなどによってコストが異なります。NSIではご予算に応じたカスタマイズも可能です。例えば、定常時は「低解像度×低頻度」で解析し、有事の際のみ「高解像度×高頻度」の解析を行うなどの仕組みにより全体のコストを下げ、衛星データの利用ハードルを下げます。

​データの提供
 

「衛星データパイプライン」を用いて、統計分析・機械学習・時系列分析・クラスター分析・最適化・ビックデータ解析など非常に複雑な解析で、あなたが必要な情報を一番適した解析方法を用いて解析を行います。その解析したデータは、あなたのビジネスに最適なフォーマットで提供致します。

Important NEWS

Other NEWS

OUR TEAM

NSIはリモートセンシング及び衛星技術の専門家で構成されたプロフェッショナルチームです。それぞれが農業、ファイナンス、IT、コンピュータービジョン、機械学習・深層学習など様々な分野に精通しています。
NSIは誰もが衛星データを活用できる未来をつくり、地球の課題解決に貢献します。
img-team-1_2x.jpg

長井裕美子

代表取締役社長,CEO

img-team-4_2x.jpg

ノパワン

タムクアン

リモートセンシングエンジニア
サービス開発部門長

img-team-2_2x.jpg

市川ドルジュ

副社長,CTO

img-team-5_2x.jpg

バイブバブ

カティア

リモートセンシングエンジニア
研究開発部門長

img-team-3_2x.jpg

チャイラシュ

シリラッタナポール

プラットフォームエンジニア
インフォメーションシステム部門長

bg-home-vision_2x.jpg

VISION & MISSION 

VISION

どこで何が起きているのか?
これからどうなるのか?
衛星データで社会の安心と安全に貢献する。

MISSION

「衛星データパイプライン」で誰もが衛星データを活用できる未来を創る。
 


NSIはあなたの目的、予算、利用頻度、範囲に合わせて衛星データの選択・統合・解析・提供を行います。この一連のプロセスを最適化・自動化したプラットフォーム「衛星データパイプライン」を利用して、変化検出・異常検知を行い、あなたの課題を解決するサービスを提供します。

NSIは衛星データプラットフォーマーとして
「衛星データパイプライン」を社会に実装し、衛星データを多くの方に簡単に利用してもらうことで、地球の課題解決に貢献します。

img-map-jp.jpg
3.png

代表メッセージ

近年、政府主導の大型人工衛星開発から、民間主導の小型衛星コンストレーション開発が主流になってきたことで、衛星データ利用のゲームチェンジが起こりつつあると言われています。NSIは、衛星データ利用のゲームチェンジャーになるべく、「衛星データパイプライン」を開発し、みなさんがより簡単に衛星データを利用して課題の解決をサポートできるサービスを提供しています。

衛星データを活用することで、わからなかった過去や未来が見えてきます。宇宙は想像するよりはるかに身近で、衛星データは誰もが使える宝の山です。NSIは「衛星データパイプライン」を社会に実装することで、衛星データプラットフォーマーとして、みなさまの課題、そして地球の課題解決に貢献します。

是非あなたの課題も「宇宙を利用する」という視点で考えてみませんか?

株式会社New Space Intelligence 代表取締役社長 長井裕美子
bottom of page