top of page

G7群馬高崎デジタル・技術相会合の「デジタル技術展」

先進7カ国(G7)デジタル・技術相会合が4月29日、30日の2日間、群馬県高崎市で開催されました。G7に合わせて国内の企業や大学、団体の先進技術を紹介した「デジタル技術展」も同時にGメッセ群馬で開かれました。約100のブースが設置され、通信、ロボット及び映像をはじめとする最先端のテクノロジーが紹介されました。日本政府は、デジタルライフライン全国総合整備計画として、ドローン航行や自動運転支援、インフラ管理のデジタルトランスフォーメーション(DX)について、ハード、ソフト、ルールを整備していく計画です。


NSIが参画する宇宙サービスイノベーションラボ事業協同組合(SSIL)もブースを出展し、異なる種類の空間情報を簡易に統合・検索し、高速処理できる仕組みとして、異なる基準の空間情報を一意に特定できる「空間ID」を紹介しました。このブースにおいて、NSIの事業紹介を行いました。複数の衛星データをキャリブレション(校正)技術により統合して利用する技術を、西村経済産業大臣をはじめ、G7会合参加者に紹介しました。


デジタル技術展は、アクセルスペース社やシンスペクティブ社など、宇宙開発ベンチャーも多く出展し、デジタル技術の発展における宇宙データ利用の重要さも改めて認識されました。




最新記事

すべて表示

宇部市長へ表敬訪問致します

現在、三菱総合研究所さんと連携しながら、 国の実証事業「研究開発とSociety5.0との橋渡しプログラム(BRIDGE)」に取り組んでいます。 宇部市を実証フィールドとしてご協力いただいているため、 篠﨑宇部市長にご報告させていただきます。 詳細は、下記のホームページをご覧ください: https://www.city.ube.yamaguchi.jp/shisei/kouhou/kishahap

Commentaires


bottom of page